インプラントImplant

第二の歯インプラント

インプラントは人工の根をあごに埋めることによって新しい歯を作る方法です。
しっかりとしたかみ心地が得られ、外れることなどはありません。 入れ歯やブリッジなど表面的に歯を作る方法と違い、他の歯を削ったり、金属のバネをかけたりする必要はありません。
違和感や咬んだ時の痛みを伴わずにきれいに歯を治すことができます。

短い定着期間・ストローマンインプラント

普通インプラントと骨が定着するのには3か月から6か月という長い期間がかかります。

しかし当院で使用しているはストローマンインプラントは健全な骨の場合1.5か月というチタン製インプラントとしては世界で最短の骨結合期間で定着します。
治療期間の短縮につながるとともに、まわりにある歯の移動も防ぐことができます。

費用について・2つの保証

良いものをより身近に

ストローマンインプラントにおいては田園都市線内で最も低料金を実現しております。
総額で29万円~となります。

最低価格保証

もし、当院より安いストローマンインプラントの治療計画がございましたら是非ご相談ください。
同額で施術させて頂きます。(治療計画書をお持ちください。)

当院では東京医科歯科大学系列歯科医院でのまとめた大量インプラント材料の発注とCAD-CAMシステムにより低価格で良質な治療を実現しております。

安心保

保証期間はインプラント治療を安心して行っていただくため
インプラント本体10年、上部構造、ジルコニア10年 E-max5年 ハイブリッド3年の保証制度がございます。

医療費控除について

医療費控除は1年間に医療機関に支払った医療費用の合計金額が200万円までの範囲で、10万円を超える部分について受けられる制度です。
その対象としてインプラント費用も認められているので、この制度を利用して医療費用の負担を軽減することができます。

 

インプラント手術手順(2回法の場合)

1回目の手術
歯ぐきをひらき、骨の中にインプラント(人工歯根)を埋め込みます。
治癒期間
人工歯根部に力をかけず、骨としっかり結合するのを待ちます。
2回目の手術
人工歯根部が骨と結合したら、人工歯を取り付けるための部品を連結し、 歯ぐきから露出させます。
装着・固定
歯の形や色などを決めて補綴物が完成したら、アバットメントに装着し固定します。
インプラント 難症例も対応可能です。お気軽にご相談ください。

骨が吸収してしまって通常はインプラントの植立が難しい症例の場合も、 当院では骨移植(自家骨、人工骨)を行うことで植立を可能にすることができます。
※症例によっては適用できない場合もございます。

インプラントとブリッジ・入れ歯の違い

ブリッジ

問題点
● 隣の健康な歯を削り、悪化させる可能性があります。
● 支える歯の負担が大きくなります
● 支える側が2本以上必要です。
ブリッジの問題はインプラント治療で改善されます
● 歯のない部分に、インプラントを入れるため健康な歯を削ることはありません
● 自然な感覚で、噛めるようになり、顎の骨の健康を維持することができます
● 自分の歯に近い感覚で食事が楽しめます

部分入れ歯

問題点
● 入れ歯の留め金によって歯などに痛みを感じる場合があります。
● 異物感、違和感があります。
● 審美性に欠けます。
●粘りのある食べ物や硬い食べ物に苦労します。
部分入れ歯の問題はインプラント治療で改善されます
● 留め金を必要としないために、口の中がスッキリし、審美的にも良好です
● 治療から2ヶ月で、自分の歯に近い感覚で、噛むことができます
● 粘りのある食べ物や硬い食べ物に関係なく、食事を楽しむことができます